30代からのシミ対策 顔のシミを消す方法とは

30代の女性
美魔女といわれる女性たち、あんなにキレイなのに、もう、40代。

 

私たちは、まだ30代だから、しばらくは今のスキンケアで大丈夫よね。
なんてたかをくくっていると、ある日、鏡を見て、ドッキリ…という事態が起こります。

 

最近、お化粧が映えなくなった。顔がくすんでいる。
そんなことに気づいたら、鏡に映る自分の顔を、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。

 

「あれ?茶色いの、黒いの、点々と散らばっているのは、シミ?それに、顔のくすみは、左右対称に
うっすら広がる茶色い影のせい?」。

 

よく見ていくと、必ず気がつくのが、「顔のシミ」です。
男性も同じです。

 

シミの素であるメラニン色素は、新陳代謝が鈍くなってきた30代を境に、肌からスムーズに排出されずに
蓄積され、シミの原因をつくります。昔のニキビ痕がシミになることも。

 

また、30代も後半にさしかかってくると、ホルモンバランスにもじょじょに変化が出てきて、
肌の状態の変化にも少なからず影響を与えるのです。

 

シミに気がついて、「シミを消す」ことを考えたら、これまで使っていた化粧品を見直しましょう。
日々のスキンケアを、シミ予防をはじめ、美白を目的とした化粧品に変えていくことが大切です。

 

シミやたるみといった、肌の老化の80%は、紫外線に由来しているといわれます。

 

シミをこれ以上増やさないためには、何よりもまず、シミの原因をつくらないことが一番。
紫外線対策に重点を置いて、きちんとUVケアをしていく必要があります。

 

紫外線の害から肌を防御するためのUVケアの基本、日焼け止めは必ず使いましょう。
日焼け止めは汗で落ちる場合も多いため、外出先でも使えるパウダータイプなどを携行すると便利です。

 

シミを薄くする化粧品としては、美白剤「ハイドロキノン」を配合したものがあります。
使用の際には、用法・用量とともに、外出の際に必ず日焼け止めを使う、など、いくつかの約束事が
ありますが、それをきちんと守ることが大切です。

 

さらに、シミを予防するためには、ビタミンCが配合されたサプリの摂取も効果的です。

 

美白ケア(本製品2)