年代別に男性がシミを消す方法

ここでは、年代別に陥りがちな間違いと、オススメの化粧品をご紹介していきます。

 

 

10代のシミ対策

10代でシミを気にしている人はほとんどいないでしょう。
もし息子さんや娘さんで、シミができてしまっているのを発見したら、
シミ化粧品を使うよりも、
Lシステインが配合された
市販のシミ薬として有名なハイチオールCを飲ませてあげてください。
子どもの頃のできたばかりの薄いシミなら、
LシステインとビタミンCによって、メラニンの量を減らすだけで
消すことができるはずです。

 

 

20代からのシミ対策

20代はシミが気になっていないかも知れません。
隠れシミがまだ肌の表面に出てきていないからです。
シミは5年〜20年前の刺激でじわじわ肌の内側で生成されていき、
新陳代謝で表面に出てくるので、
20代だとまだ表面に出てきていないシミが多いのです。

 

俺にはシミがないから関係ない
と思っていても、ある年齢を境に、
突然シミがポツポツ出てきて、慌てるんですね。

 

今日のシミ対策スキンケアは、
5年後10年後のあなたがシミで困らないために必要です。

 

今できてしまっているシミを消しながら、予防するために
シミ取り化粧品のビーグレンを使いませんか?

 

美白ケア(本製品2)

 

 

 

年代別のシミを消す・予防する方法記事一覧

10代からのシミ対策顔のシミというと、年齢を重ねると出てくるものだと思っていたら、まだ10代の若さで、なかったはずのシミができてしまったなんてことありませんか。年齢が若い10代のうちは、少々日焼けしても肌の新陳代謝が良いので、シミにはなりにくく、もしもできてしまっても比較的すぐに消えてくれるので、それほど気にする必要はありません。新陳代謝とは、ターンオーバーといって約45日くらいで皮膚が新しく生ま...

20代からのシミ対策 顔のシミを消す方法とは「20代のうちはまだ若いからシミはできにくい。」と思っている方はいますか。私は、そう思っていましたが、21歳の時に付き合っていた彼女に女性としては珍しい?趣味の釣りに誘われて出かけた時に、恐ろしいくらい大きなシミを作ってしまいとても驚いたことがあります。まだ若いから大丈夫かなと思いつつも、将来の自分の美肌のためにと、比較的紫外線を防ぐよう意識してシミ対策...

30代からのシミ対策 顔のシミを消す方法とは美魔女といわれる女性たち、あんなにキレイなのに、もう、40代。私たちは、まだ30代だから、しばらくは今のスキンケアで大丈夫よね。なんてたかをくくっていると、ある日、鏡を見て、ドッキリ…という事態が起こります。最近、お化粧が映えなくなった。顔がくすんでいる。そんなことに気づいたら、鏡に映る自分の顔を、じっくり観察してみてはいかがでしょうか。「あれ?茶色いの...

40代からのシミ対策 顔のシミを消す方法とは40代は、突然パラパラと増えてきた褐色や黒い「顔のシミ」が、個人差こそあれ、かなり気になってくる年代です。さらに、この年代には、ホルモンバランスの崩れやストレスからくる「肝班」というシミも発生してきます。「肝班」は、鼻を中心として、うっすらと蝶が羽を広げたみたいに広がる茶色のシミで、頬紅をはたくときに、色がきれいに乗らなくなって気づくことも多いようです。...

50代からのシミ対策 顔のシミを消す方法シミとのおつき合いも20年近く。シミのだけでなく、たるみも気になり、アンチエイジングケアに本腰を入れはじめるのが、50代です。とはいえ、たるみというと“切った張った”の治療も少なくないため、まずは、シミの治療からはじめましょう、という方も少なくないもしれません。閉経もあり、肝班は薄くなりました。それはそれでありがたいのですが、以前から気になっていた「顔のシミ...

中高年のためのシミを消す方法「年を重ねるごとに、シミがどんどん増えてくる…」「どうにか消したいけど…もう私もおばさんだから、どんな化粧品を使っても無駄かしら…」…そんなあなたにこそオススメしたいのが、”ビーグレン”の化粧品です!ビーグレンは主に中高年をはじめとした奥様方に広く愛されている化粧品です。ビーグレンさえあれば…こんな悩みが簡単に解決しちゃいます♪「シミ・くすみ」シミなどの主な原因は、ター...