ハイドロキノンはムラなく顔全体に使うのって正解?

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑制します。
そのため紫外線に対する抵抗力落ちてしまいます。

 

外出時は、日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。
メラニン色素が生成されに状態が続くと、肌の一部分だけの色素が抜けて白斑になってしまうこともあります。

 

そのため3ヶ月以上の使用を控えるなどの注意が必要です。
顔に使う場合も、決められた容量、用法を守って薄くのばして使うことが大切です。

 

肌の漂白剤と言われるように、メラニン色素そのものを抑制してしまいますから、リスクを持った成分であるということを理解して使いこなしたいものです。

 

3%未満でしたら、顔全体に使っても問題ないと言われています。
けれども、リスクが完全にクリアになっているとはいえませんし、使い始めてから1週間くらいしてから、ピリピリしたり赤くなったという話も聞きますから、いきなり顔全体に使うにはリスクがあるかもしれません。

 

もし、使う場合はごく薄く使うようにして様子を見ながら使うのがおすすめです。
もともと肌が弱い方は、めだたないところで、パッチテストをしてから、使うとよいでしょう。
効果があるけれども、かなりきつい成分でもあります。

 

ヘアカラーのパッチテストのように、腕の内側の皮膚の柔らかいところに少量試して過敏に反応しないか確かめておくと安心です。

 

顔全体ムラなくキレイになりたい!っていう気持ちは、ちょっと抑えて、はじめの1週間ほどは顔全体にガンガン塗るような使い方は避けたほうがいいようです。
一気に効果を求めるのはそれだけ肌に負担もかかりますから、パッチテスト、スポット使い、顔全体ならごく薄く使うということを気をつけて使いこなしていきたいですね。

 

肌がもともと敏感な場合は、ひりひり感があとで出てきたり、赤くなったりすることもあるようですから、自己流にガンガン塗ったりするのは避けたほうがよいでしょう。

 

赤くなったり過敏に反応しないということを確かめて、薄く全体に伸ばすように使うのがいいようです。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)