ハイドロキノンの美白効果は、メラニンの生成を抑えることで発揮される!

ハイドロキノンは、美白化粧品の成分としてよくきうようになりましたね。
何しろ、色素沈着の原因になるメラニンの生成そのものを阻害してしまうというのですから、美白の強い味方です。

 

でも、肌の漂白剤と言われるほどその効果が強いだけあって、使い方を間違えると、白抜けしてしまったり、肌に合わずにピリピリしたり赤くなることもあるので、注意が必要です。

 

安定型ハイドロキノンと呼ばれるタイプのものは、刺激が少なく安全性が高いとされているようですが、注意して使った方がよいでしょう。
刺激については、パッチテストで自分にあっているか、確かめて使うといいですね。

 

同じ美白効果が期待されるビタミンC誘導体では、生成そのものを抑制するというより、色素を押し出してしまうといったイメージが正しいでしょう。

 

一方のハイドロキノンは、生成そのものを抑制する働きがありますから、肌が紫外線のダメージを受けるような場合が出てきます。

 

ハイドロキノン使って手入れをしている時には、紫外線のダメージから肌を守る必要がありますから、出来るだけ日焼け止めクリームを使いましょう。

 

そうしないと、肌に紫外線のダメージがダイレクトに伝わってしまって、簡単に日焼けしすぎのような症状が出ないとも限りません。

 

肌の色を美白に保ちたいという人もいると思いますが、ハイドロキノンのスポット使いなら、傷の跡やニキビ跡といった色素沈着にも有効です。

 

真皮に色素が入っているとか沈着している場合は難しいですが、表皮への色素沈着はかなり落とすことが出来るのです。

 

ニキビ跡ややけど跡といった色素沈着もメラニンが原因です。
美白を目指すだけではなく、こういった気になる跡の改善にも、ハイドロキノンのコスメは役に立ってくれそうですね。

 

一度出来た傷跡や、シミは日常的なお手入れではなかなか薄くすることが難しいですよね。
こうした、効果の高いハイドロキノンなどのコスメを使いながら薄くできるなら、試してみたいですね。

 

美白ケア(本製品2)