ハイドロキノンとビタミンC誘導体の併用はしても大丈夫?

美白に有効な成分と知られるのが、ハイドロキノンとビタミンC誘導体ですね。
メラニンの生成を抑えて美白に導くハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほどですから、それだけでも十分効果を実感できるものですが、ビタミンC誘導体を併用することで、さらに効果的になります。
ハイドロキノンの場合、いきなり顔全体に使うと、刺激を感じたり赤くなってしまう人もいます。
それだけ強い成分とも言えます。
メラニンの生成を抑えるということで、紫外線から肌を守る力も低くなってしまうので、ハイドロキノンを使っている時には、日焼け止めを使って対策したほうがいいですね。
ビタミンC誘導体は顔全体に使っても問題ありませんから、広い範囲にビタミンC誘導体を使って、スポットでハイドロキノンといった使い方も効果的でしょう。
シミとニキビの両方を改善するのにも役にたつ組み合わせです。
ビタミンCは高い抗酸化力を持っていて、シミの元になるメラニンを防いでくれます。
肌に浸透しやすく改善されていて、肌への浸透が高められています。
ビタミンC誘導体には美白効果の他にも、ニキビの予防やニキビ跡の改善、コラーゲンの生成を促進してくれます。

 

この時、メラニンを押し出しくれるというところも美白に役立つ秘密です。
つまり、併用することで美肌効果と美白効果の両立ができそうです。

 

併用で作用を強めてしまって肌が傷むのではないかという心配はいらないようですね。
そもそもの美白のメカニズムが違いますし、干渉し合うわけではありません。
併用すると、それぞれの働きが美白と肌トラブルを防ぐという相乗効果が期待できそうです。

 

もともと基礎化粧品として、ビタミンC誘導体を含む化粧水を使っている方も多いと思いますが、化粧水でたっぷりビタミンC誘導体を補給してあげたあとに、ハイドロキノンでシミをポイントで狙い撃ちといったつか方もできますね。

 

できてしまったシミにはこのようなハイドロキノンとビタミンC誘導体の併用で行うケアがいいかもしれません。

 

美白ケア(本製品2)