頬のシミを消す方法!老人性色素斑

シミの代表格といっていいのが老人性色素班です。
老人性色素班が発症する原因は主に長年浴び続けた紫外線によるものです。
若い時は特に影響がないのですが、年を重ねるごとにその影響が現れてくるのです。

 

老人性色素班の特徴は薄い茶色ではっきりとした円形です。
日本人の場合はその影響が40代くらいから現れることが多いようです。
もちろん紫外線を浴びた量が多いほど年齢が若いうちからその影響が現れやすくなります。
アウトドアでよく過ごす人や肌が白い人ほどその影響が出やすくなります。

 

前述したとおり長年蓄積された紫外線によるものですので、紫外線を浴びすぎたからすぐに現れるというものではありません。一番の予防はやはり日頃の紫外線対策です。一度老人性色素班が現れると自然に治癒することは難しくなります。
老人性色素班ができやすい箇所は頬骨など顔のでっぱった場所や腕、手の甲などが多いです。要するに太陽の光を浴びやすい箇所です。これらの箇所を露光部と呼びます。女性であれば特に頬のあたりにできたシミは気になりますね。
紫外線を浴び続けると美肌に必要な成分まで破壊されるため、結果として肌の老化をまねくことになります。また、人体には紫外線から肌を守る機能が備わっています。メラニン細胞と呼ばれる細胞が真皮まで紫外線でやられないように活性化し、それによってメラニン色素がたくさん生成されるのです。生成されたメラニン色素は皮膚のターンオーバーによって排出されて元の肌に戻りますが、そのターンオーバーが鈍ることでそのメラニンがそのまま沈着してしまうとシミになって残ってしまいます、そのため、ターンオーバーが不活性状態になってきた高年齢の方に多くできるシミなのです。
老人性色素班ができるとやはり老けた印象になってしまいます。特に女性であればなおさらでしょう。最近ではレーザー治療によって顔や頬にできたシミも比較的簡単に消すことができるようになっています。
美容クリニック等でもレーザー照射や光での治療が可能なところが多くあります。中でもシロノクリニックはレーザー治療専門美容クリニックとして有名です。

シロノクリニック公式サイト↓
シロノクリニック