男性のシミを消してくれるハイドロキノン

ハイドロキノンの化学式
ハイドロキノンは強力な漂白作用をもっています。
薬局などでは、軟膏やクリームが市販されています。

 

ハイドロキノンはできてしまったシミに対して効果を発揮します。
予防ではなく、今できてしまっているシミが消せるんです。

 

他のどの成分よりもシミを消す効果が高いです。

 

あのマイクロジャクソンも、
ハイドロキノンを使ってシミを消していたと噂されるほど、
アメリカで有名な成分です。

 

男性用としても有名な化粧品なので、
使ってみてください!

 

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)

 

メラニン色素とメラノサイトを減少させる

ハイドロキノンは
メラニン色素を生成するチロシナーゼと呼ばれる「酵素」の働きを抑制し、
さらに、メラニン色素を作る細胞である「メラノサイト」の数を減少させます。

 

メラニン色素は悪者?

シミができてほしくないので、
メラニン色素はシミを作り出してしまう良くないものだと考えてしまいますが、
実は、体にとって大切な役割を果たしています。
紫外線から私たちの体を守ってくれているんです。

 

もし全くメラニン色素がなかったらどうでしょうか?

紫外線を少しでも浴びると、UVは皮膚を貫通し、
奥まで浸透してしまい、水ぶくれなどの炎症を起こしてしまいます。

 

ハイドロキノンを夜に使った方が良いのはこのためなんです。

 

メラニン色素の生成を抑制するので、
日中につけていると、
紫外線に皮膚が弱くなってしまっているので、
日光に当たっているだけで皮膚が弱くなり、
炎症を起こしやすくなるんです。

 

シミを消すには、
メラニン色素でガードされた表皮細胞の大切さを理解しながら、
ハイドロキノンを使っていくことが大切なんですね。

 

 

全てのシミが消せるの?

ハイドロキノンで全てのシミが消えるわけではありません。肌の変質によりできてしまったシミは、化粧品では消すことができず、レーザー治療で消す以外に方法はありません。ニキビ跡の色素沈着の場合、メラニン色素を化粧品によって抑制したり、ターンオーバーによって肌から排出されることで、自然に消すことができるんです。

 

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)

ハイドロキノンが男性のシミを消す記事一覧

ハイドロキノンの注意点シミを薄くする化粧品に含まれていることが多いハイドロキノン。ハイドロキノンはシミを消す漂白作用を持っていますが、効果が強力であるため、間違った使い方には注意しなければなりません。効果が高い成分の使い方を誤れば、副作用を起こす危険性があります。ハイドロキノンは、肌に炎症(これはよくある)白斑が起こることがあります。炎症が起きてしまうと、顔の赤みが増して、痛みを感じることもありま...

ハイドロキノンは、色素沈着の原因であるメラニンの生成を抑えて、できてしまったシミを消してくれます。昔、写真の現像の時に使っていた薬剤に含まれていたのですが、その作業をしている人がどうも手の色が白いようだというあたりから、美白効果について開発されたという説もあります。さて、美白というと女性のモノのようなイメージがありますが、男性にだって消したい色素沈着がありますよね。傷跡やニキビ跡の色素沈着もそうで...

ハイドロキノンは、美白コスメとして人気の成分ですね。皮膚を漂白してしまう効果が高いので、色が抜けて斑になる危険が有るほどの効果なので、コスメとしては安全な濃度を守って配合されていますね。1.0%とか2.5%程度の濃度のコスメでも、効果を感じることができるようです。いきなり濃度の高いものを使うよりは、コスメに多いこのくらいの濃度のものから使ってみるのがいいでしょう。コスメとしては、シミや美白効果を期...

美白成分として知られるハイドロキノン。様々な美白コスメが登場しています。クリーム状のスポッツ使いをすることが多いでしょうか。ハイドロキノンは、皮膚の奥のメラノサイトに作用してメラニンの生成を抑える働きがあるのですが、肌の表面に塗っただけでは、浸透力が弱いと言われています。浸透力を高めてより確実に作用させるには、トレチノインとの併用が効果的だと言われています。トレチノインはビタミンA誘導体で、ビタミ...

美白に抜群の効果があるハイドロキノンですが、一方でクリアになっていないリスクがあることを知っていますか?日本では厚生労働省が、市販の化粧品は2%までとして定めているほど、濃度が問題なんです。高濃度で妊娠中の人が使った場合、胎児への影響が否定できないとされていたりしていることからも、授乳中の人も避けたほうがいいとされています。肌の敏感な人の中には、かぶれを起こしたりして、肌トラブルを招いてしまうこと...

美白に有効な成分と知られるのが、ハイドロキノンとビタミンC誘導体ですね。メラニンの生成を抑えて美白に導くハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほどですから、それだけでも十分効果を実感できるものですが、ビタミンC誘導体を併用することで、さらに効果的になります。ハイドロキノンの場合、いきなり顔全体に使うと、刺激を感じたり赤くなってしまう人もいます。それだけ強い成分とも言えます。メラニンの生成を抑えると...

ハイドロキノンは、美白化粧品の成分としてよくきうようになりましたね。何しろ、色素沈着の原因になるメラニンの生成そのものを阻害してしまうというのですから、美白の強い味方です。でも、肌の漂白剤と言われるほどその効果が強いだけあって、使い方を間違えると、白抜けしてしまったり、肌に合わずにピリピリしたり赤くなることもあるので、注意が必要です。安定型ハイドロキノンと呼ばれるタイプのものは、刺激が少なく安全性...

ハイドロキノンは、メラニンの生成そのものを抑えて美白作用を発揮してくれるので、美白コスメとしても効果が高いことで知られています。実際、シミや肝斑、ニキビ跡ややけど跡といった、色素沈着に効果があります。皮膚科での、治療にも処方されることもあります。ただ、デメリットになる部分も知っておく必要があります。注意点をまとめてみました。【メラニンの生成そのものを抑えるので紫外線の刺激を受けやすくなる】メラニン...

メラノサイトとは、シミの原因になる色素沈着の原因になるメラニンを作り出す細胞です。この細胞を刺激する第一原因が紫外線なのです。紫外線を浴びることで活性酸素や、メラノサイトを刺激するホルモン、エンドセリンなどが発生することによって、メラニンが生成されて色素沈着が起こります。体の防衛反応として大切なメカニズムではありますが、シミや傷跡の色素沈着は消えないものかと思いますよね。そこで注目されているのがハ...

ハイドロキノンは、メラニン色素の生成を抑制します。そのため紫外線に対する抵抗力落ちてしまいます。外出時は、日焼け止めを塗って紫外線対策をすることが大切です。メラニン色素が生成されに状態が続くと、肌の一部分だけの色素が抜けて白斑になってしまうこともあります。そのため3ヶ月以上の使用を控えるなどの注意が必要です。顔に使う場合も、決められた容量、用法を守って薄くのばして使うことが大切です。肌の漂白剤と言...

ハイドロキノンは美白成分として注目です。ただし、リスクも報告されていますから、そういった面も併せて活用したいですね。美白効果が高く、肌の漂白剤と呼ばれることもあるハイドロキノンですが、使ってから数日してから肌が赤くなったり刺激を感じるという例もあるそうです。使い始めてから1週間程度は様子を見ながら使ったほうがいいということでですね。そういったことを知らずに使った当日大丈夫だったからと、使い続けてか...