ハイドロキノンの注意点

シミを薄くする化粧品に含まれていることが多いハイドロキノン。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)

 

注意!

ハイドロキノンはシミを消す漂白作用を持っていますが、
効果が強力であるため、
間違った使い方には注意しなければなりません。
効果が高い成分の使い方を誤れば、
副作用を起こす危険性があります。

 

ハイドロキノンは、

肌に炎症(これはよくある)
白斑

が起こることがあります。
炎症が起きてしまうと、顔の赤みが増して、痛みを感じることもあります。

 

ただし、こうした副作用は、
正しい方法でハイドロキノンを使用すれば、
副作用の心配は無くなります。

 

 

ハイドロキノン化粧品は夜に使用する

ハイドロキノンを付けた肌は、
紫外線から肌を守ってくれているメラニン色素の生成を抑制してしまうため、
紫外線に対するダメージに弱くなります。
例えば、朝ハイドロキノンを使ってしまうと、
日中に紫外線に当たったときに、
逆にシミができやすくなってしまいます。

 

紫外線の影響で、
肌が赤くなったり、かぶれたりすることもあるので注意してください。

 

医師に朝も付けるように言われた場合を除き、
ハイドロキノン配合化粧品は夜に使用するようにしてください。

 

 

ハイドロキノンを使用したら、シミが濃くなった!?

ハイドロキノンを塗布すると、シミはいったん濃くなることがあります。
肌に沈着していたシミの元になっていた色素が、
表皮に浮いてくるからで、
これはシミが薄くなっていく前兆です。
一時的に気になるかも知れませんが、
この時期を超えれば薄くなっていく一方ですので、
様子を見るようにしてください。

 

 

オススメのハイドロキノン化粧品のご紹介

 

ビーグレン

詳細はこちら

 

アンプルール

詳細はこちら