シミができるのは活性酸素が原因?

老化現象の中でも、最も厄介なものだと言われているのはシミです。
忘れた頃に一気にお肌に浮き上がるシミは、
女性としては、避けたいもののひとつですよね。

 

シミができる原因として有名な紫外線ですが、
紫外線は、体内の活性酸素にも影響を与えています。

 

活性酸素とは、病気や老化の原因にも挙げられているもので、
酵素が形を変え、強い酸化力を持ってしまう物質のことを言います。
活性酸素が、細胞を酸化させることで、
細胞のDNAまで傷つけてしまいます。

 

お肌にとっても、この活性酸素は大敵です。
活性酸素の影響で、メラニン色素を作り出す量のバランスが崩れてしまい、
シミの原因となることがあります。
また、コラーゲンの育成を妨げ、お肌のハリが失われてしまったり、
ターンオーバーもうまく行われないようになってしまったりと、
活性酸素は、様々な肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

活性酸素には、殺菌作用や、免疫力を高めたりする、
良い働きもありますが、増えすぎてしまうことで、
このような老化現象を引き起こしてしまう原因となります。

 

活性酸素を増やしすぎないためには、
ストレスを避け、食品添加物を体内に入れないように心がける必要があります。
また、過度のアルコールを摂取したり、
喫煙をすることで、活性酸素が増える可能性もあるので、注意が必要です。

 

活性酸素は、紫外線からお肌を守るために、
発生してしまったり、
直接お肌に紫外線を浴びることで、
体内の活性酸素を呼び起こしてしまう原因にもなりますので、
紫外線をあまり浴びないようにしましょう。

 

活性酸素を抑える働きがあるものとして、
ワインに含まれるポリフェノールをはじめ、
お茶に含まれるカテキンや、
ベリー類に含まれるアントシアニンなどがあります。

 

これらを積極的にとるようにして、
活性酸素を増やさないように心がけることで、
シミやシワなどの、お肌の老化現象や肌トラブルを防ぐことが出来ます。
いつまでも若々しい、ハリのあるお肌を保ちましょう。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)

シミができるのは活性酸素が原因?関連ページ

肌の構造
紫外線で光老化が進むとシミが残る