老人性色素斑とは

人間の肌にできるシミには様々な種類があります。それぞれ原因や対策が異なるため、自分のシミの特徴を正確に把握することはとても大切です。

 

「老人性色素斑」は、30代以上の年輩の方に多く見られる肌のシミです。別名、「日光黒子」とも呼ばれており、顔や腕、手の甲など、日光が当たりやすい部位に現れやすい特徴があります。表皮細胞への紫外線の強い刺激により、メラニン細胞が増加・沈着してしまうことが原因です。ほぼ円形で数センチ程度のシミが肌表面に点々と出現します。

 

いわば肌の老化現象であり、基本的には放置していても健康上特に問題はありません。しかし、顔に出来たシミは否応なく老けている印象を与えてしまうものです。美容面で気になる場合は、皮膚科のレーザー治療を受けることで容易にシミを消すことが可能です。施術は至ってシンプル。メラニン細胞の黒い色に反応する特殊なレーザー光を当てて、シミができた表皮細胞を破壊していきます。破壊された細胞はかさぶたとなって剥がれ落ちるため、新たに生成されたきれいな肌に変わります。

 

老人性色素斑を予防するためには、若い頃からの心がけが非常に大切です。日差しの強い場所で肌を晒す習慣を続けていると、肌にダメージが蓄積して老人性色素斑になりやすくなります。老人性色素斑は通常40代以上で現れますが、アウトドアを好む方の場合、20代からでも発症する可能性があります。日焼け止めクリームを塗る、日傘を使う、長そでを着るなど、極力皮膚を日光の刺激から守るように努めましょう。

 

なお、老人性色素斑は皮膚がんの一種であるメラノーマと非常によく似ていることで知られています。ただのシミだろうと思っていたら、知らぬ間にガンが転移してしまう恐れがあります。急激に肌のシミが増えてきた場合、決して軽視せずに定期的に専門医の診察を受けることを強くお勧めいたします。ホクロやシミは、時に命に関わるほど深刻な問題になる事もあるのです。

 

老人性色素斑のシミは化粧品で消すことができません。

老人性色素斑を消すにはレーザー治療しかありません。