紫外線で光老化が進むとシミが残る

お肌の老化現象である、シミやシワの原因として、
紫外線対策をされている方も、多いと思います。

 

紫外線を浴びても、
すぐには現象として現れませんが、
時間が経って忘れた頃に、
一気にシミやシワとして、お肌に浮き上がってきます。

 

この、紫外線により、徐々に蓄積されて現れる老化現象を、
「光老化」と言います。

 

紫外線を浴びると、お肌を守ろうとしてメラニン色素が増え、
肌が黒くなります。
通常であれば、お肌のターンオーバーと共に古い角質層は剥がれ落ちますが、
たくさんの紫外線を浴びることで、肌細胞であるメラノサイトが傷ついてしまい、
剥がれるはずであった、黒い色素が部分的に残ってしまい、
それがシミとなります。

 

シミ以外にも、光老化には、
シワやお肌の乾燥などがあります。
それらを避けるために、紫外線対策が必要となります。

 

紫外線を直接浴びない工夫や、
日焼け止めなどは、紫外線対策の基本ですが、
その他にも、細やかな紫外線対策が、光老化からお肌を守ります。

 

紫外線は、日差しのきつい季節だけでなく、
一年を通して降り注ぎます。
曇っているからといって、安心はできません。
化粧下地などは、UV対策ができるものを使用しましょう。

 

また、屋内にいるからといって、
紫外線の影響を受けないというわけではありあmせん。
窓などから差し込む紫外線にも注意しましょう。
特に気が緩みがちになってしまうのが、
車の中や、電車などの移動中の紫外線対策です。

 

屋外で長時間日差しを浴びるような場合は、
帽子や日傘などは、もちろん必須ですが、
身につける衣服についても、
紫外線を通してしまう白よりも、
黒い色の洋服を身につける事で、紫外線の影響を弱めることができます。

 

素材で言えば、ポリエステル素材や綿素材が、
紫外線を通しにくく、お肌を守ると言われています。

 

また、ビタミンやアミノ酸をとっておくことで、
メラニンの育成を抑える作用もあるので、
あらかじめ、このような栄養素を、体内に蓄えておくことも、
光老化からお肌を守る働きがあります。

 

美白ケア(本製品2)

紫外線で光老化が進むとシミが残る関連ページ

肌の構造
シミができるのは活性酸素が原因?