色素沈着について記事一覧

シミと色素沈着の違いとは夏が終わってふと顔を見ると、茶色のシミを見つけることがあります。ものすごくショックですよね。シミって、どうしてできるのでしょうか。シミにはいくつか種類があります。シミの原因で最も多いのは紫外線が関係しているもの。太陽の光を浴びると紫外線により、皮膚のメラニン色素を作るチロシンというアミノ酸がメラニン顆粒を作ります。さらに酵素チロシナーゼが活性化し、チロシンをメラニン色素へと...

色素沈着を改善するなら美白化粧品がおすすめできてしまったシミ、諦めていませんか?確かに、一度できてしまったシミや色素沈着を治すのはかなり大変です。シミに効くという化粧品を使っていても、あまり効果がないという話もよく聞きます。美白化粧品として多くの人から支持されているのがアメリカ生まれのビーグレン(b.glen)です。ビーグレンの美白化粧品は、気休めではなく本当に効き目があると評判です。その理由は、...

色素沈着は、繰り返される刺激や炎症によって起きてきます。ですから、洗顔でゴシゴシこすっていたり、ニキビを気にして化膿させてしまったりすると、後になりやすいんですね。紫外線対策も大切ですが、肌の健康を守ることが色素沈着を起こさせないためには重要なポイントになります。特に、アトピー体質のかたは、刺激に弱い敏感肌のかたが多く苦労されることがあると思います。普通に生活している中でも、肌荒れやただれに悩まさ...

あなたは、色素沈着ができてしまったとき、どんな対処をされていますか?自己流で、よく分からないままに安易に勧められた化粧品を使ったりしていませんか。実は、自己流で対処を行った場合、肌のトラブルを増やす危険性があるのです。ここでは、安心・安全な色素沈着への対処法について書いてみたいと思います。まず、色素沈着ってどういうふうにできるか、あなたはご存じでしょうか。知らない人のために、ここでちょっと解説して...

美白は私の命です。そしてメラニンは私の宿敵です。どうして私がこんなにもメラニンを憎んでいるのかと言いますと、私は元々かなりの地黒。日焼けせずとも赤ちゃんの頃から真っ黒でした。そのお陰で子供の頃には色々と嫌な思いもあったりしました…。地黒の人って、肌が黒い上に色素沈着しやすいのですよね。日焼け止めを塗る、ということを覚えていない子供の頃にできた傷跡は長い間残ってしまっていました。色素沈着したニキビ跡...

これは私が大学生の頃のことです。鼻の下に大きなニキビが出来てしまいました。その時はずっとマスクで覆い隠していたから良かったのですが、跡からほくろのような黒さの色素沈着になってしまいました。鼻の下です。鼻の下のほくろはとても見栄えが悪いですね…^^;口元などでしたら気にしなかったのですが。(むしろ口元のほくろが欲しいくらい)そのニキビはずいぶんとしぶとく、何度も潰してしまったのでどうやら表皮から皮下...

色素沈着の主な原因は、紫外線や摩擦による刺激が主なものです。口の周りでの色素沈着で、思い当たるフシがあるとすれば、産毛剃り、食事などのたびに口を強くこすっている、唇を舐める癖があるなどといったことです。唇そのものにほくろのようなものができることもありますが、口角の黒ずみ、唇の輪郭に沿った黒ずみなどは気になるものです。頬や額などの広い範囲は美白の化粧水やハイドのキノン配合の化粧品でケアしている人も多...

皮膚炎やアトピーに悩むお子さんは多いですね。どうしても炎症を繰り返すと、色素沈着を起こすことが増えて、シミやアザのように色が変わってしまうことも多いものです。色素沈着は、繰り返された炎症や掻きむしったときの刺激によって、起きやすくなってしまいます。色素沈着と聞いて思い浮かぶのは紫外線対策ですが、まずは炎症を抑える対策が大切です。皮膚のバリア機能が活かせるケアをすることと、アレルギーの原因物質を遠ざ...