色素沈着の原因は、繰り返される炎症や刺激!アトピーにはご注意!

色素沈着は、繰り返される刺激や炎症によって起きてきます。
ですから、洗顔でゴシゴシこすっていたり、ニキビを気にして化膿させてしまったりすると、後になりやすいんですね。

 

紫外線対策も大切ですが、肌の健康を守ることが色素沈着を起こさせないためには重要なポイントになります。
特に、アトピー体質のかたは、刺激に弱い敏感肌のかたが多く苦労されることがあると思います。

 

普通に生活している中でも、肌荒れやただれに悩まされたり、かゆみが出てつい掻いてしまったり、アトピーのない方に比べて、断然、色素沈着のリスクが高くなります。
まずは、アトピーの症状を抑える対策が必要でしょう。

 

入浴を含めた肌の手入れの仕方と、食事に気をつけているかたが多いと思います。
ここで、確認が大事と思うのは、入浴方法です。

 

清潔を気にしてこすりすぎてはいないか、石鹸やボディーソープは泡立てて使っているか、熱いお湯に使いすぎていないか、お風呂からあがってタオルドライするときにこすっていないかといったところがチェックポイントになります。

 

皮膚科のドクターによると、常在菌と適度な皮脂が健康な肌には必要なのだそうです。
泡立てない石鹸を使うと、常在菌や皮脂が流されすぎてしまって良くないといいます。

 

ある実験で、いままで泡立てないで石鹸を使っていたアトピー気味の人に、泡立てて石鹸を使うようにアドバイスしたら、それだけで肌の状態が良くなったそうです。

 

また、熱いお湯が好きな方も注意が必要です。
皮脂が流れすぎて、保湿効果が足りなくなってしまいます。

 

健康な皮膚のターンオーバーのリズムを作るのには、表面の角質や汚れは落とすけれども、皮脂や常在菌は流さないやり方が大事なのです。

 

アトピーは繰り返しやすく、皮膚に色素沈着が起きやすいですよね。
まずは、基本のアトピー対策をしましょう。

 

肌の状態が落ち着いていれば、トレチノインやハイドロキノンを使って色素沈着を解消していくことも可能です。
炎症がひどくならないように、しっかりケアして行きたいですね。