シミができる原因

顔にシミができる代表的な原因は紫外線によってメラニンが大量に生成されてしまうことです。女性に比べ、男性は子どもの頃からスポーツ等で外にいて、日光に当たっていることが多く、大人になれば営業などで長時間外にいることになります。シミは5〜20年前に当たった紫外線の影響で、徐々にでき始めるので、今できてしまっているシミは、何年も前のスキンケアが原因になっているんです。さらに、ストレスがシミの生成を加速させることもわかっています。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)

シミができる原因とは?シミが肌にできるメカニズム記事一覧

肌の構造肌の構造を知れば、適切なシミの対処法がわかります!表皮皮膚の表面にあたります。角質層が肌の見える部分で、その下に基底層と呼ばれる部分があります。真皮コラーゲンやエラスチンが繊維状、ヒアルロン酸がゼリー状で存在しています。汗腺汗が出る腺です。皮脂腺皮脂を分泌する細胞が集まっている部分です。皮脂は毛穴から肌の表面に排出されます。ニキビの原因にもなる皮脂です。毛包毛穴のことです。血管真皮の中に張...

紫外線で光老化が進むとシミが残るお肌の老化現象である、シミやシワの原因として、紫外線対策をされている方も、多いと思います。紫外線を浴びても、すぐには現象として現れませんが、時間が経って忘れた頃に、一気にシミやシワとして、お肌に浮き上がってきます。この、紫外線により、徐々に蓄積されて現れる老化現象を、「光老化」と言います。紫外線を浴びると、お肌を守ろうとしてメラニン色素が増え、肌が黒くなります。通常...

シミができるのは活性酸素が原因?老化現象の中でも、最も厄介なものだと言われているのはシミです。忘れた頃に一気にお肌に浮き上がるシミは、女性としては、避けたいもののひとつですよね。シミができる原因として有名な紫外線ですが、紫外線は、体内の活性酸素にも影響を与えています。活性酸素とは、病気や老化の原因にも挙げられているもので、酵素が形を変え、強い酸化力を持ってしまう物質のことを言います。活性酸素が、細...