シミと色素沈着の違いとは

夏が終わってふと顔を見ると、茶色のシミを見つけることがあります。
ものすごくショックですよね。
シミって、どうしてできるのでしょうか。シミにはいくつか種類があります。

 

シミの原因で最も多いのは紫外線が関係しているもの。
太陽の光を浴びると紫外線により、皮膚のメラニン色素を作るチロシンというアミノ酸がメラニン顆粒を作ります。
さらに酵素チロシナーゼが活性化し、チロシンをメラニン色素へと変えてしまいます。

 

若い健康な肌なら日焼けをしても元に戻りますが、ひどい日焼けや加齢によりターンオーバーが乱れると、表皮の生まれ変わりが遅くなります。
こうなると、表皮の一部にメラニン色素が残ってしまいシミとなるのです。

 

また、生活習慣の乱れなどで血液中の過酸化脂質が増えると、細胞が酸化しシミになります。
これは細胞膜を構成する不飽和脂肪酸が、酸化によりタンパク質と結びつくから。リンゴやジャガイモが空気にさらされて変色するのと同じ原理です。

 

このほかにシミには肝斑というものがあります。とくに30代以降の中年女性に多くできます。
肝臓の病気とは関係ありません。
おでこや両側の頬に左右対称のシミや境界のはっきりしない茶色のシミができます。

 

肝斑の原因は紫外線もありますが、黄体ホルモンの上昇、ストレスなどが考えられます。ピルの服用が原因のこともあります。

 

さらに老人性色素斑や脂漏性角化症など加齢によってできるものもあります。

 

色素沈着もシミと同じようなものですが、より広い意味で使われています。

 

たとえば肌を擦ったり、何度も掻いたりすると、その刺激で色素沈着を起こすことがあります。
アトピー性皮膚炎などで、何度も同じところを掻きむしっていると色素沈着になってしまいます。
ヤケドや皮膚炎がそのまま色素沈着してしまうこともあります。

 

紫外線も関係しますが、キズや人工的な刺激により炎症を起こすと、メラノサイトが暴走しどんどん増殖、色素沈着となります。

 

シミや色素沈着を作らないためには、肌への刺激を少なくし、紫外線を浴び過ぎないようにすることが肝心です。

 

また、できてしまったシミや色素沈着は、美白化粧品などで適切に処置していくことが重要です。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)