トレチノイン(レチノイン酸)でシミを消す

ハイドロキノンと一緒に使われることが多いのがトレチノイン
別名レチノイン酸です。

 

ハイドロキノンはシミの原因になるメラニン色素の生成を抑制しますが、
その上でトレチノインを使って新陳代謝(ターンオーバー)を促進させることで、
短期間でシミを消す効果が期待できます。

 

 

トレチノインをハイドロキノンと併用する理由

表皮の細胞は基底層で生まれ、
ターンオーバーによって徐々に表面に押し上げられ、
角質となって垢となり、皮膚から剥がれ落ちます。

 

通常のターンオーバーは4週間かけて行われますが、
トレチノインを使用すると、
半分の2週間〜4週間という短い期間でターンオーバーが行われるようになります。

 

シミの原因となるメラニン色素は、
この表皮の深い部分である基底層に付着しています。

 

基底層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを生成する細胞があり、
シミの原因となるメラニン色素作り続けています。

 

通常の美白化粧品は、メラニン色素を対外に排出する作用はないため、
どんなに塗っても、できてしまったシミを消すことはできません。

 

しかしこのトレチノインには、
基底層にあるメラニン色素を体外に排出する作用があるため、
シミを消すことができるんです。

 

一方、ハイドロキノンはメラノサイトに働きかけ、
メラニン色素の生成を妨げることができる成分です。

 

トレチノインと一緒にハイドロキノンを使用することで、

シミの原因となるメラニン色素を体外に排泄(トレチノイン)
新しいシミの原因になるメラニン色素の生成を防止(ハイドロキノン)

この2つの効果が得られ、シミのないキレイな皮膚を手に入れることができます。

 

 

トレチノインは市販されていない?

トレチノインは肌に対する刺激が強いお薬です。
そのため、日本ではトレチノインを配合した化粧品は市販で販売されていません。
美容皮膚科や整形外科などで、医師の処方があれば購入できます。

 

以前はトレチノインだけでなく、
ハイドロキノンも日本では市販が禁止されていました。
2001年になって、配合率を守れば、
化粧品に使っても良くなりました。
ハイドロキノンだけでも十分にシミを消すことができます。

 

トレチノインに代わる成分「シムホワイト377」

トレチノインと同じような効果を持つシムホワイト377なら、
できてしまったシミを薄くして、消すこともできます。

 

シムホワイト377とハイドロキノンが配合されているのはビーグレンです。

 

美白ケア(本製品2)