紫外線(UV)がシミを濃くする原因に

太陽
紫外線に当たりすぎると、肌の老化に繋がります。
肌が老化すると、細胞内で活性酸素が発生し、
ターンオーバーが正常に行われにくくなり、
メラニン色素が体外に排出されなくなって、
シミができてしまいます。
※活性酸素は酸化や錆、老化の原因になります。

 

紫外線は天気に関係なく1年中毎日降り注ぐ

 

実は、紫外線は太陽が見えている晴れの日だけでなく、
曇りの日でも容赦なく降り注いでいます。
雪の日は、反射光により紫外線も反射して当たってきますので、
注意してください。
さらに驚くことに、室内にいながら、
外の地面に照らされた日光を目で見るだけで、
紫外線に当たってしまうんです。

 

紫外線対策の方法とは

できるだけ常に、日焼け止めやファンデーション
露出した肌に塗るようにしましょう。
意外と知られていないのがファンデーションで、
UVカットに最適な化粧品です。
美魔女の君島十和子さんは、
紫外線対策にファンデーションは欠かせないそうです。

 

美白化粧品を使って、シミや色素沈着を消すこともできますが、
紫外線対策をしっかりしないと、
次から次にシミや色素沈着ができてしまうので、いたちごっこです。
活性酸素や紫外線の対策を少しずつしていきましょう。

 

 

日焼けがシミの原因に

日焼けをすると、皮膚が赤くなり、火傷のようになることがありますよね。
この状態をサンバーンと言います。
サンバーンが治るときに色素沈着が起きると、シミになってしまいます。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)