ビタミンCでシミを予防する

ビタミンCはシミの予防に効果的です。

 

ビタミンCはメラニン色素に作用するチロシナーゼを抑制する働きがあります。
さらに、抗酸化作用があり、シミの原因になる紫外線から皮膚を守ってくれます。
こうしたことから、ビタミンCにはシミを予防する効果があると言われているのです。

 

でも、サプリメントからビタミンCを摂っても、
シミを予防するために使われると期待しない方がいいでしょう。

 

ビタミンCはコラーゲンの生成や
様々な栄養素と結びつき栄養の吸収率を高めるなど、
使われる用途が多いです。
ビタミンCはシミの予防に使われる前に、他のことに使われてしまって、
濃度が薄くなり、シミに対する効果がほとんど無くなってしまいます。

 

そこでシミのある肌に直接ビタミンCを届けることが出来る美白化粧品が有効になります。
その美白化粧品が、ビーグレンアンプルールなんです。

 

「肌の白さは七難隠す」と古人が例えたように、
昔から、美白や顔のシミは女性にとって、重大な関心事だった事がうかがえます。
太古の昔から、鏡をのぞき込んだ女性が、
「もう少し色白だったら…」
「この部分のシミやソバカスが薄くなれば…」と
ついたため息の数をカウントすると、きっと膨大な数になるにちがいありません。

 

ところが科学技術の発達した昨今では、
この様なため息の数も減少する傾向にある様です。
アンチエイジング等の美白用途として、
ビタミンC誘導体やハイドロキノンが活躍する様になったからです。

 

そもそもシミという存在は、一晩で作られるものではありません。
長い年月の間に、ストレスや直射日光、紫外線、活性酸素などのダメージにより、
お肌の生まれ変わり、ターンオーバー時の微妙な誤作動が積み重なり、シミとなって現れてきます。

 

従って、通常のシミを無くす為のアプローチとしては、
このお肌の生まれ変わり期間を待つ必要があります。
(より即効性のあるアプローチを求めるのならば、美容皮膚科での治療という手段があります)

 

つまりシミの原因を絶ちながら、適切なお肌のケアを行い、
徐々にお肌を正常な状態に生まれ変わらせていくというアプローチになるのです。
このアプローチを現象面から見ると、
数ヶ月間の間に、シミが徐々に薄くなっていく様に見える事でしょう。

 

ハイドロキノンやビタミンC誘導体は、
シミの原因でもあるメラニンの合成を阻害する働きがあります。
中でもハイドロキノンのその働きは強力で、
日本国内では2001年より化粧品の成分として、使用可能になりました。

 

注意点としては、酸素や温度変化による劣化が著しい性質がある事です。
いくら良質なハイドロキノンを含有していても、
流通過程や製造過程で温度変化によって、
充分な効果が望めなかったというの事も考えられます。
この為、製造や流通過程で
しっかりとした品質管理を行っているメーカーの商品を見極めて、
購入する必要があります。

 

当サイトで一番オススメの美白化粧品は・・・
美白ケア(本製品2)

ビタミンC・ビタミンC誘導体でシミを予防する関連ページ

シムホワイト377
ハイドロキノン