重曹で顔のシミを消す方法

重曹vs化粧品

シミは印象を良くしたい男性の大敵です。特に顔にできてしまったシミは目立つため、非常に厄介極まりありません。女性はファンデーションを濃いめに塗ってごまかせますが、男性は難しいですよね。

 

実は、身近なちょっとした工夫で顔のシミを消す方法があるんです。そのカギを握るのは、ズバリ「重曹」です。重曹は重炭酸ソーダの略称で、炭酸水素ナトリウムのことを指します。私たちの生活の様々な所で用いられていて、ケーキのパウダーやソーダ飴などの食用として使用されることもあれば、消火剤や農薬として活用されることもあります。

 

最近ではそんな重曹を用いたスキンケアが非常に流行っています。方法はとても簡単。重曹が配合された入浴剤をお風呂に入れて入浴するだけです。「え?それだけで顔のシミが消えるの?」と驚かれる方もいるでしょうが、これがまた本当によく効くんです。と言うのも、重曹はアルカリ性を帯びた物質なので、弱酸性の皮脂を効率的に落とすことが出来るからです。肌表面に溜まった古い角質をどんどん落とすことでターンオーバー作用が促進され、肌のシミが自然と消えていきます。

 

このように述べると一見重曹は万能のスキンケア成分のように思えますが、使用に際しては気をつけなければならないこともあります。

 

重曹配合の入浴剤が効くなら、と思い立って、重曹を直接顔に付けてフェイスケアを図ろうとする方がいますが、これは好ましくありません。重曹の粒子は非常にザラザラしており、直接付けると肌を著しく傷めてしまう可能性があります。

 

また、洗浄力が強すぎるあまり、皮脂が過剰に落ちてしまう問題もあります。皮脂は溜まり過ぎると肌荒れの原因になってしまいますが、本来は紫外線や空気中の雑菌から肌を守る緩衝剤であり、落とし過ぎるのも好ましくないのです。

 

従って、重曹をスキンケアに活かす場合は、重曹入りの入浴剤あるいは洗顔料を使用するようにしましょう。そして説明書をよく読み、正しい使い方を心がけることが大切です。

 

でも、重曹なんかで・・・と思いますよね。
扱いも大変だし、何より面倒です。

 

重曹よりもオススメのシミを消す方法は化粧品です!

 

今の男性は化粧品を使っている人も多いんですよ。

 

ビーグレン公式サイトはこちら
美白ケア(本製品2)